XPERIA アンバサダーサロン
Xperia(TM)ZL2モニターブログ

Xperia アンバサダーが「使ってみた!!」 NO.3 タッチ&トライ イベントXperia(TM)ZL2モニターブログ

REPORT

リリースされたばかりのXperia ZL2をユーザーのみなさまに体験していただく「Xperia ZL2 タッチ&トライ」アンバサダー・ミーティング。Xperia Z Ultraで過去2回にわたり行なったイベントを、今度はauスマートフォンの夏モデルとなったXperia ZL2で2014年5月30日に開催しました。

抽選で選ばれた50名が「Xperia ZL2」をタッチ&トライ

東京・恵比寿の特設会場にお招きしたのは、応募いただいたブロガーの中から抽選で選ばれた50名の方々。会場で配布したXperia ZL2は、そのまま持ち帰って1ヶ月間モニター試用していただきます。

今回はXperia Z Ultraのイベントに続いて参加された方も多く、男女比はおよそ3:2といったところ。端末のタッチ&トライイベントとしては、たくさんの女性の方々にご参加いただけたのではないかと思います。金曜日の19時半スタートということもあり、軽食とともにイベントを楽しんでいただきました。多くの方が席に着いてすぐXperia ZL2を触るのではなく、持ち込んだデジカメで機体を撮影されていた姿が印象的でした。

使用感を体験

Xperia ZL2の使用感を体験

「持つことの喜び」を追求した、厚さ約1mmに隠されたパネルの秘密とは

イベントでは、まず商品企画担当者から、Xperia ZL2が「ユーザーエクスペリエンスの提供」をコンセプトに開発を進めた端末であることを説明し、続いてデザイン、カメラ、オーディオの各開発担当者のプレゼンテーションを行いました。

デザイン担当は、ブラック、ホワイト、そしてターコイズの3色で展開したカラーバリエーションについて、透明感と奥行きのある不思議な見た目、そして持ちやすさを重視したマットな質感を目指したことを解説。光が当たるとXperiaのロゴが浮かび上がる特徴的なバックパネルは、透明素材の表側をシルク泊で処理し、裏側から多層印刷を行うことで実現。厚さ約1mmのパネルに隠された秘密を明かしました。

バックパネル

Xperia ZL2のバックパネル

ソニーのテクノロジーをスマートフォンに最適化した、高性能カメラ&オーディオ

カメラ機能のコンセプトは「いつでも手軽に『思い出』画質を記録」すること。暗い場所での撮影も明るく、ズームしてもきれいに、動く被写体もぶれずに撮れるよう開発しました。動画は話題の4K画質での撮影を実現し、場内のスクリーンで手ぶれ補正機能「Steadyshot」を使用した比較映像を披露することで、歴然とした違いをお伝えできたのではないかと思います。

また、選択した時間だけスローモーションに加工できる「タイムシフトビデオ」のエフェクトも実演。わずか数秒でスロー映像ができあがる様子を体感していただきました。

オーディオ担当は、「デジタルノイズキャンセリング」や「フロントステレオスピーカー」、「ハイレゾオーディオ出力」といった機能の仕組みを解説しました。Xperiaのイヤホンの外側にはマイクが設けられていて、そのマイクが拾った雑音を打ち消す働きをしていたことはご存知でしたでしょうか? この機能は電車・バスモード、航空機モード、室内モードの選択ができるようになっています。

プレゼンテーションの後は、約1時間ほど参加者のみなさんにタッチ&トライをしていただきました。デモンストレーションコーナーでは、Xperiaと接続したハイレゾ対応スピーカーの試聴、手袋をしても反応するタッチパネル操作の体験、歩数や移動距離、睡眠時間などを記録してくれる「SmartBand」の展示などを行い、ブロガーのみなさまの新しい機能に対する関心の高さを直接感じることができました。また、場内にいたスタッフに対しても多くのご質問をいただくことができました。

タッチ&トライの後半には、各テーブルでXperia ZL2のファーストインプレッションについてディスカッションを行っていただきました。特に目立ったのは、ディスプレイの美しさ、写真画質の高さ、そして新色であるターコイズのバックパネルというご意見。なお、3色のカラーバリエーションについてのアンケートをとったところ、半数以上の方がターコイズを選ぶという結果となりました。

手ぶれ補正機能

手ぶれ補正機能「Steadyshot」を使用した比較映像

デモンストレーション

デモンストレーションコーナーの様子

ブロガーの方々に突撃インタビュー。ミーティングの成果やいかに?

約2時間のアンバサダー・ミーティングを締めくくるのは、質疑応答の時間。ワイヤレス充電やインカメラの画質向上のご要望もいただきました。インカメラの画質向上に関しては、今回は機体の小型化を優先するため苦渋の決断で断念しましたが、次回作の開発の際に参考にさせていただきます。では最後に、ご参加いただいた方々の感想の一部をご紹介します。

「前から参加したいと思っていたのですが、今回ようやく参加できました。TwitterやFacebookに写真をアップすることが多いんですけど、今使っている携帯では撮影後に明るさを調整したり、加工していたんです。さっきZL2で外の夜景を撮ってみたんですけど、『プレミアムおまかせオート』機能を使ったらすごくきれいで、これなら加工する手間が省けそうです! 試用期間中に写真をいっぱい撮ってみたいと思います」(女性)

「お店ではじっくり触れないので参加しました。Xperiaシリーズは側面にカメラ用のシャッターボタンが付いているのが使いやすくて、今もZ1を持っています。今回のZL2は角に丸みがあって持ちやすくなったし、つや消しのバックパネルは指紋がつかなくていいですね! 今回はSIMカードも提供していただけるということなので、キャリアアグリゲーション対応になった通信速度も早く体感したいです」(男性)

「実は過去2回のイベントに参加したのがきっかけで、Xperia Z Ultraを買っちゃったんです。結婚式などに持って行って写真を撮ると、一眼レフを使っている人たちに負けないくらい写真がきれいに撮れるんですよ! 私の撮った写真を見て、会社の同僚もXperiaを買ったくらい(笑)。ZL2は4Kの動画にも対応しているし、『タイムシフトビデオ』の機能もおもしろいので、今度は動画撮影にもチャレンジしてみたいと思います」(女性)

2度目、3度目の参加という方も多かったこともあり、話が弾んでいたテーブルが多く、リラックスした気分でXperia ZL2を楽しんでいただけたのではないかと思います。

アンバサダーのみなさんのブログ記事は、当サイト内で随時更新いたしますので、ぜひチェックしてみてください。

ブロガーの方々

Xperia ZL2を囲み打ち解けるブロガーの方々

スペシャルXperiaTMアンバサダー事前体験レポート

イベント前に特別に事前体験して頂いたスペシャルXperiaアンバサダーの体験レポートを公開!

  • カイ士伝

    カイ士伝

    カイ士伝について

    最新ガジェットやWebサービス、インターネットの動向といったIT関連情報のほか、ゲームやテレビ、グルメといったエンタメ情報などなどさまざまな話題を取り扱うブログ。ノンジャンルながらWebサービス、Androidを中心としたモバイル機器の話題が多め。

  • 携帯総合研究所

    携帯総合研究所

    携帯総合研究所について

    iPhoneとAndroidの最新情報やスマートフォンの便利な使い方や小ワザをわかりやすく配信するブログ。過去に購入したXperiaシリーズはXperia acro、Xperia acro HD、Xperia Z Ultraの3機種

  • ツブヤキ。

    ツブヤキ。

    ツブヤキ。について

    ガジェット、特にカメラや写真、スマートフォンに関するブログ。ガジェットやイベントについてのレビューや、旅先での写真の記事がメイン。Androidのコミュニティ「Android女子部」にも参加するなど、積極的に活動している。

  • コムギドットネット

    コムギドットネット

    コムギドットネットについて

    コムギドットネットは、Androidスマートフォンを中心としたガジェットのレビューや活用情報を配信しているブログです。国内のタッチ&トライなどAndroid関連イベントレポートも掲載。

  • 伊藤浩一のWindows Phone応援団

    伊藤浩一のWindows Phone応援団

    伊藤浩一のWindows Phone応援団について

    ブログ「伊藤浩一のWindowsPhone応援団(旧W-ZERO3応援団)」主宰。モバイルユーザーとしてレビューを毎日掲載しながら、日本のスマートフォンシーンの盛り上げを行い、アクセス数は月間30万を超えるブログとなっている。

Xperia(TM)ZL2 モニターブログXperia(TM)ZL2をご体験いただいたユーザーのブログを公開中!
XPERIA アンバサダサロンtopへ戻る