PASSIONSトップへ

VOICES 音楽プロデューサー 灰野 一平

『Music Pro 、Xperia 1 IIのときから構想してきた録音機能を実装』

写真 写真

今回、灰野さんも開発に携わられたMusic Proが搭載されました。どんな機能でしょうか?

灰野 : Music Proは単純明快で、スマホ1台あれば今までスタジオでしか録れなかったハイクオリティな音が録れるということを実現しています。実は前回Xperia 1 IIの取材時に、再生機器としてとても優れたものだなと思いました。僕らも日常的にやっている音源チェックなどは、これ1台で完結できるという期待を持ったのですが、同時に録音するという面においてはクオリティが足りないと感じました。再生だけでなく、録音もプロのクオリティでできると、Xperiaだけで音楽制作ができる可能性が生まれ、将来的にとてもいいなと思っていました。その後、そのアイデアをXperiaの開発チームと話し、プロジェクトとしてスタートさせ、Xperia 1 IVにMusic Proを搭載できたんです。

写真

開発にあたっての想いを聞かせてください。

灰野 : 音楽制作においてメロディを思いつくことは日常的に起こることです。しかし、いい音で録るというのは、スタジオか機材を整えたホームスタジオでとなり、コスト的にも場所的にもあらゆる制約のなかで行わなければいけません。そのいい音で録音するというのを、インスピレーションが起きた最初の段階で実現できたら革命的に音楽づくりが変わるんじゃないかと思っていました。パッと思いついたメロディを歌ってそれがプロクオリティの素材として使えたら、気持ち的にも新鮮だし、感情的にも生き生きしたものを残すことができるんじゃないかなと思っていたんです。

写真

Music Proをどんな風に使ってもらいたいですか?

灰野 : 特に屋外でボーカルを録るというところに一番魅力を感じています。これはすごく難しいことで、屋外だとどうしても風切音などの雑音が入ってしまいます。Music Proはノイズの低減に関してとても力を入れたので、必要ない要素をちゃんと削除でき、欲しい素材だけを取り出すことができます。そのためスタジオの中で風景を想像して歌うのではなく、たとえば山の頂上や海辺の波打ち際みたいなところで、まさにインスピレーションを受けた瞬間、その風景の前で歌った歌をプロクオリティで録音できるんです。その歌にはとてもリアリティがありますよね。その素材で音楽をつくり配信楽曲にする、そういうことがどんどん実現されていってほしいですね。

  • プロを目指すミュージッククリエイターをサポートする「Music Pro」

    Studio tuning機能を使用することで、Xperia 1 IV内蔵マイクで収録したボーカルやアコースティックギターなどの音をクラウド処理し、プロのスタジオとマイクで録音したかのように、ノイズや部屋の残響音を低減。ソニーの高性能な真空管マイクの周波数特性およびスタジオ録音機材がもつ繊細で良質な響きまでを再現します。また、外部から楽器などの音源データを取り込んで、アプリ内で簡易ミキシングまでおこなうことができます。※初回100MB以上のStudio tuning機能の利用には月々580円(税込)のサービス加入が必要です。

    プロを目指すミュージッククリエイターをサポートする「Music Pro」

『Xperia 1 IVで、手軽に音楽制作の楽しさを体感してほしい』

写真

Xperia 1 IVは、どんな方におすすめできますか?

灰野 : 音楽をよりいい音で聞きたいと思っているすべての方におすすめしたいですね。自宅で音楽を楽しむべく再生環境に情熱を傾けている皆さんにも、屋外でクオリティのある音をこんなに手軽に楽しんでもらえることを体感してもらいたいです。また、僕らのような音楽制作に携わっている方の制作作業も、よりフレキシブルになるかと思っています。僕はよく街録をやっていて、今までは多くの機材やスタッフの方にご協力いただかなければ実現できなかったのですが、Xperia 1 IVのMusic Proを使えば、1人でも街録ができるようになるかと思っています。

写真

Music Proは、どんな方におすすめしたいですか?

灰野 : 現在自宅などで音楽制作をしている方はもちろん、これから音楽を始めたいと思っている方にも使っていただきたいです。音楽をやってみたいと思う瞬間は、憧れのアーティストや、こんなふうに歌いたいなっていう動機が多いかと思いますが、まずMusic Proで試してもらいたいですね。プロが使っている機材に近い音で録れることで「あ、いいじゃん自分の声」のような、そんな実感を得る方が多いのではないかと思います。スマホ1台で高クオリティの音楽をつくれるのはすごいことです。必ずしも発信しなくていいですし趣味として楽しんでもらえたら。Music Proが皆さんに音楽をつくることの楽しさを届けるツールになってくれたらとても嬉しいです。

写真

今後取り組んでいきたいこと、抱負などを教えてください。

灰野 : 冒頭でもお話ししましたが、ポップミュージックは、テクノロジーや機材、楽器の進化とともに新しい音が生まれ、それを活用して誰も聞いたことがない新しい音楽ができていく可能性に満ちたものです。レコードをスクラッチするなど、まさにいい例ですよね。僕はこのXperia 1 IVのようなスマホというツールがさらに進化して、楽器的な役割も果たし、まだ誰も聞いたことのない音楽が生まれていってほしいと思っています。それを広めるお手伝いができれば、僕としてはすごく嬉しく、楽しみだと思っています。

写真

LINE UP

高性能・高画質カメラを搭載したモデル

ソニーが持つ最先端のサウンド技術を結集したモデル

極上のモバイルゲーム体験をお届けするモデル

Other Contents

あなたにおすすめコンテンツ

PASSIONS トップへ戻る