『内田英治 meets Xperia 5 II』 映画監督の内田英治氏が語る映画界での Xperia 5 II の可能性

00:00~00:05
いきものがかり「きらきらにひかる」の曲が流れ、背景の光が撮影現場を逆行で照らし出し、「PASSIONS ー好きを極めた人たちー」という題名が表示される。

00:06~00:11
森の木々を下から見上げている風景に「内田英治監督作品「星屑の子」× Xperia-メイキング-」のテロップが流れる

00:12~00:19
複数のスタッフが森や屋内で話し合いながら撮影の確認やカメラを回しているシーンが流れる。
「内田英治/映画監督」「全裸監督」(2019年):脚本・監督
「ミッドナイトスワン」(2020年):脚本・監督
第44回日本アカデミー賞、優秀監督賞、優秀脚本賞、最優秀作品賞」
のテロップが流れる。

00:20~00:35
見出し:「Smartphoneと映像制作その可能性は」
内田英治氏(以下、内田監督)がレコーディングスタジオで青いXperiaを手に持ちながらインタビューに答えている。

00:36~00:50
続けて流れる内田監督のインタビューの字幕と共に、背景はレコーディングスタジオから遺跡のような場所での撮影風景へと切り替わる。

00:51~01:10
レコーディングスタジオでの内田監督インタビューシーンを挟み、再び遺跡のような場所での撮影風景へ切り替わる。
カメラマンがヘルメットにXperiaを取り付けて撮影を行なっている。
数人の役者を取り囲むようにヘルメットを被ったカメラマンや撮影スタッフ撮影を行なっている。

01:11~01:32
見出し「本格的なフィルムルック-フレームレート」
カメラのモニターを通した撮影風景が流れ、十数人の子供たちが撮影を行なっている。
手にXperiaを持ったカメラマンを取り囲むように子どもたちが演技を行なっている。

01:33~01:59
見出し「映画風ではない映画としての撮影画角-21:9シネマスコープ」
背景は再びレコーディングスタジオに移り、内田監督がインタビューに答えている。

02:00~02:08
見出し「クリエイターの求める色作りを実現するLook-VENICE CS」
レコーディングスタジオの内田監督のインタビューから画面が切り替わり
松明に囲まれた遺跡の中心に立ち、印象的な背景の青い光の中で演技をする役者と
その脇で赤いフードを被った仮面をつけた役者が弦楽器を弾いているシーンが映る。

02:09~02:28
画面が2分割され左に「VENICE CSのLookを用いた撮影素材」、右に「星屑の子」映像が映し出されている。
両者は同じ映像で左の映像では通常の光の中で赤いフードを被った役者が演技をしているが、右の映像では光が青味がかり幻想的なシーンになっている。
同じシーンをカメラのディスプレイを通して表示されたシーンが映る。

02:29~02:48
見出し「スローモーション撮影-4K HDR 120fps」
レコーディングスタジオの内田監督のインタビューシーンを挟み、
高い所からXperiaを落下させ落ちていく視点での撮影風景が流れる。
役者の手を離れたXperiaは空を写しながら落下し下に待機していたスタッフがキャッチする。
撮影された映像を確認するとXperiaのスローモーション撮影機能を使って撮影された映像は
ゆっくりと微妙に回転しながら役者の手を離れていく様子を捉えていた。

02:49~03:05
見出し「Smartphone撮影ならではの映像表現」 右下に「太陽の国」とテロップが表示されている。
突然、民族風の衣装を来た男性役者が木刀を振りかざしてくるシーン。
木刀で殴られうずくまり、役者の手と地面が映し出される。
そして、このシーンの撮影風景へと切り替わり、殴りかかられた役者がヘルメットを被り
そこに固定されたXperiaで撮影が行われている様子が流れる。

03:06~03:16
見出し「好きを極めたいクリエイターの情熱をサポートするXperia」
再び内田監督のレコーディングスタジオでのインタビューシーンへ切り替わる。

03:17~03:32
高いところからXperiaを落としてスローモーション撮影をするシーンや手に持って移動しながら撮影するシーン、
カメラのモニターで横長のフィルムルックを見ているシーンが映し出される。
次に役者視点で、怪我をして添え木をしている足に触れるシーンが、画面が二分割して左に撮影シーン、
右に本編映像が流れている。それぞれ同じシーンを別の角度から写しており撮影シーンでは役者がヘルメットを
被り取り付けられたXperiaで撮影されている。

03:33~03:45
再び、レコーディングスタジオの内田監督のインタビューシーンが映し出される。
映画の撮影を思い出すように手に握られたXperiaを構えたり、操作したりしている。

03:46~04:01
画面が切り替わり、撮影風景が映し出される。
遺跡の中心の台座のような場所に立つ女性の役者や、撮影スタッフの様子が流れる。

04:02~04:16
冗談めかして笑いながらインタビューに答える内田監督。
最後に内田監督の顔にカメラが寄っていき画面が暗転する。

04:17~04:21
「星屑の子 StardustChildren」のタイトルグラフィック
Shot on ソニーズ Xperia
Xperiaのロゴ
monogatary.com
のテロップが表示される。

04:22~04:23
ソニーのロゴ