PASSIONSトップへ

スノーボード with Xperia ライディングの躍動をつぶさに捉えるXperia 1 II

柳田由人 フォトギャラリーXperiaの表現世界

雪山を舞台にプロスノーボーダー 藤森由香さんのライディングを、
スノーボードフォトグラファー 柳田由人さんがフォトシュート。
Xperia 1 IIで撮影した躍動感ある写真をご覧ください。

柳田 由人

Xperia Ambassadors

スノーボードフォトグラファー

柳田 由人

自らもスノーボーダーとして活躍しながら、フォトグラファーである父と同じ写真の道を志す。1999年スノーボードフォトグラファーとして活動開始。スノーボード専門誌の取材ではソルトレイク・バンクーバー・ソチと冬季オリンピックの撮影を行う。現在はスノーボードの撮影を軸に、他スポーツの撮影や人物撮影など活躍の場を広げている。

藤森 由香

Xperia Ambassadors

プロスノーボーダー

藤森 由香

小学生でスノーボードを始め、以来数々の国際大会で活躍。トリノ・バンクーバー・ソチ・平昌と冬季オリンピック4大会連続で日本代表に選出される。ソチ五輪以降は、競技の種目をスノーボードクロスからスロープスタイルに転向し、国際大会で活躍中。

スノーボーダーの
一瞬も逃さず捉える
Xperiaのカメラ性能

  • 最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写

    12MPの高画質で最高20コマ/秒​の連続撮影が可能。1秒間に最高60回のオートフォーカスと露出の演算を行うことに加え、新しいアルゴリズムの採用により、スマートフォンのカメラの常識をはるかに超える、高速・高精度のオートフォーカスを実現。スノーボーダーのような複雑な動きやスピードに緩急のある被写体も高い精度で追従し続け、ピントの合ったクリアなショットが撮れます。※本機能は、「Photography Pro」を使用し、標準レンズ(24mm)で利用できます。

    最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写
  • トリプルレンズカメラ

    超広角:16mm、標準:24mm、望遠:70mmの3つのレンズがワンタップで簡単に切り替えられます。スノーボードのライディングやジャンプなど各シーンに最適なレンズが選択でき、幅広い表現ができます。※焦点距離:35mm判換算。

    トリプルレンズカメラ
  • Photography Pro

    「Photography Pro」は、ソニーのデジタル一眼カメラ αTMの本格カメラの操作性や機能を追求しており、シャッタースピードやISO感度、ホワイトバランスなど、きめ細かいマニュアル設定が可能で、自分好みのクリエイティブな撮影が楽しめます。

    Photography Pro

柳田由人×藤森由香
スペシャルインタビュー

Xperia 1 IIの機動力の高さが、
ダイナミックな画作りを
可能にする。

自然に挑むスポーツのひとつであるスノーボード。なかでもありのままの雪山と対峙するバックカントリーでは撮影する者の負荷は計り知れない。
そうした過酷な環境下での撮影はいかなるものだったのか。撮影者の柳田氏と被写体の藤森氏の二人に語ってもらった。

写真

Xperia 1 IIで撮影

『スノーボードを知り尽くす2人によるバックカントリー撮影が実現』

写真

Xperia 1 IIで撮影

写真

Xperia 1 IIで撮影

今回の撮影に至った経緯を教えてください。

藤森:柳田さんのことはスノーボードを始めた10代の頃から存じ上げていました。スノーボードの撮影といえば柳田さん、というくらいこの世界の第一人者です。そんな柳田さんに20代前半から撮っていただけるようになりました。スノーボードは動きの速いスポーツですが、ご自身もスノーボーダーである柳田さんはライディングを熟知しており、先を読んで動きを捉えてくれます。だからこそダイナミックな写真が撮れるのだと思います。尊敬する柳田さんからお話をいただき、今回のセッションが実現しました。

柳田:藤森さんはオリンピックでも活躍してきたトップアスリート。当時はスノーボードクロスでの活躍を写真におさめていましたが、最近はバックカントリーに転向していると聞いて、ぜひご一緒したいと思っていたところでした。お声がけしたところ二つ返事でセッションができることとなり、今回の白馬での撮影が決まりました。

写真

Xperia 1 IIで撮影

当日の雪のコンディションはいかがでしたか?

柳田:正直に言うと、事前の情報ではあまり期待できないかな、と思っていました。スノーボードの撮影では前日が大雪で当日が晴れ渡る状況を“THE DAY(ザ デイ)”と呼んだりします。つまりライディング日和、撮影日和ということです。今回の撮影は前日が大雪で、当日は雪が降ったり止んだりではありましたが、随所でTHE DAYに近い状態で撮影することができました。

藤森:前日から雪と風の強さが心配でしたが、いざツリーラン(林間でのライディング)を始めると、雪質も良く、陽が入る瞬間があったのでとても気持ちよく滑ることができました。

写真

Xperia 1 IIで撮影

『パウダー、フォームのバランスがとれた最高の1枚はAF/AE追従高速連写が捉える』

写真

Xperia 1 IIで撮影

写真

Xperia 1 IIで撮影

バックカントリー撮影の醍醐味はどんなところでしょう?

藤森:ライダーとしてはパウダー(ライディングによる雪煙)をいかに巻き上げるかがひとつのポイントとなります。パウダーの高さやシルエットをイメージしながら滑っているんです。そして腕の動きを中心としたフォルムを意識することで、自分のスタイルが表現できると思っています。

柳田:今回の撮影で、藤森さんがバックカントリーの練習を相当重ねていることがわかりました。藤森さんのターン前後の左手はボーダークロスの頃とは異なる、まさにツリーランを意識した粘りのある動作になっていました。その動きがかっこよくて。

藤森:左手は意識しているところなので、気づいていただけてうれしいです!

柳田:やはりそうですよね。そうしたライダーがこだわっている動作と立ち上がるパウダーのバランスを見極めて写真におさめるのがバックカントリーの醍醐味ですね。

写真

Xperia 1 IIで撮影

今回の撮影ではXperia 1 IIを使われていますが、印象はいかがでしたか?

柳田:普段はソニーの一眼カメラ、α7R IVをメインカメラとして使っていますが、Xperia 1 IIに搭載されているPhotography ProのUIはαユーザーにとっては見慣れたものでテンションがあがります。Photography Proでは様々なマニュアル設定が可能ですが、最高20コマ/秒のAF/AE追従高速連写は、動きの速いスノーボード撮影にはありがたいものです。

藤森:24mmレンズでの高速連写ですよね。私もXperiaユーザーですが、今回の撮影でこの高速連写とコンティニュアスオートフォーカス(AF-C)を活用したほうがよいと柳田さんから教えていただいて、撮影の腕前がちょっと上がった気がしています(笑)

柳田:そう、24mmレンズでコンティニュアスオートフォーカス(AF-C)にして、フォーカスエリアを「ワイド」に設定し、AF/AE追従高速連写で撮影すれば、滑り降りてくる被写体にしっかりとフォーカスを合わせながら撮影することができます。先ほどもお話した通り、バックカントリー撮影ではパウダーの上がり具合やライダーの表情、動作のバランスが重要ですが、それらは1秒のなかでも大きく変化します。だからこそ、1秒あたりのコマ数が多いほうが良いわけです。デジタルですから連写でたっぷりと撮影して、ベストショットをセレクトできますしね。

写真

Xperia 1 IIで撮影

『Xperia 1 IIが叶えるリラックスした撮影、そして雪山での楽しみ』

写真

Xperia 1 IIで撮影

写真

Xperia 1 IIで撮影

Xperia 1 IIの撮影で感じたメリットは何でしょうか?

柳田:トリプルレンズですね。現物のレンズ交換をすることなく標準の24mm、超広角の16mm、望遠の70mmをボタンひとつで切り替えることができることはフォトグラファーにとっては神機能です。24mmでは肉眼に近い広さでライディングをバランスよく撮ることができます。16mmはジャンプシーンに最適ですね。ジャンプするライダーを画面の上部に配置し、比較対象としての地面を入れることでジャンプのダイナミズムを強調することができます。そして70mmは選手とパウダーのみにフォーカスする印象的な写真を撮るために欠かせません。一眼カメラでこうした撮影がしたい場合には、複数のレンズを持ち歩くこととなりますが、それがXperia1つで実現できるのですから、機動性が抜群に向上します。

写真

Xperia 1 IIで撮影

やはり撮影に機動性は重要ですか?

柳田:機動性はスノーボード撮影の要と言って良いですね。雪山での撮影で心がけているのは「アスリートファースト」です。つまり、ライダーを待たせない、無理をさせない。だからこそレンズは決め打ちで、レンズ交換などで待ち時間を生まないようにしています。

藤森:それ、とてもありがたいお心遣いだといつも感じています。撮影での待ち時間は致し方ないものですが、身体が冷えてしまうとパフォーマンスへ影響が出てしまうんですよね。今回、いつも以上に撮影がスムーズに進んだのはトリプルレンズの功績だったんですね。お互いの掛け声で合図を出し合いながら、どんどん撮影が進みましたもんね。

柳田:軽さを追求するだけなら、機材を削ぎ落としていけば良いのですが、それでクオリティが下がってしまっては本末転倒です。Xperiaならば、機材の軽量化ができるのは当然のこと、取り出せばすぐに撮影ができるクイックさもあります。さらにPhotography Proでマニュアル設定した思いのままの画作りが可能です。雪の中からライダーが現れる一瞬や、ジャンプのベストショットといったチャンスを逃さないのはXperiaのなせる業でしょう。フォトグラファーとしては、撮影のクオリティを諦めずに、移動中は手ぶら感覚で滑りを思いっきり楽しめるのもうれしい限りです。

藤森:柳田さんが楽しんでくれている雰囲気、伝わってきましたよ。だからでしょうか、普段の撮影では機材などに気を遣って言い出せないオーダーも口にしてしまったように思います。「あっちから撮りませんか?」とか。

柳田:普段から言ってもらっていいのに(笑)。でも、それもXperiaのおかげですね。撮影側からすると、スマートフォンでの撮影は一眼カメラのそれとは異なる、ライダーとの近さが感じられます。藤森さんの表情もリラックスしていたし、なんかデート気分で撮影できたというか(笑)。もはや日常生活の溶け込んだスマートフォンでの撮影は現場の雰囲気も滑りも肩肘張らないものにしてくれました。

写真

Xperia 1 IIで撮影

『Xperia 1 IIの卓越したパフォーマンスが雪山では強い味方に』

写真

Xperia 1 IIで撮影

今回の撮影を通じて、どんな方へXperia 1 IIをおすすめしたいですか?

柳田:雪山をフィールドとするフォトグラファーにとって、機材の軽量化は共通の課題だと思います。故障に備えてサブ機の一眼カメラを持つならば、ポケットにXperiaを持っておくほうが機動性が高まり、撮影全体のストレスが軽減されるはずです。また、現場で写真チェックが必要な場合にもXperia 1 IIならば約6.5インチの4Kディスプレイで撮影した写真をすぐに確認できます。撮影者にとって制約のある環境でこそ、Xperiaの機動性、機能、そして高性能ディスプレイが威力を発揮するはずです。

藤森:やはり雪山でスキーやスノーボードを楽しむ方には絶対におすすめです。高価な一眼カメラだとやはり気を遣ってしまいますからね。自分が撮影するにしても友人に撮影を頼むにしても、互いに気遣いなく滑りを楽しみ、かつ撮影も妥協したくなければ、Xperiaが最適でしょう。予想不可能な一瞬の感動をつぶさに切り撮ってくれますよ。

写真

Xperia 1 IIで撮影

撮影に使用した機種

PASSIONS トップへ戻る