Creator's Interview 本格的な音楽ライブをXperia PROの電波で配信 Xperia PROが拡張するライブ配信コンテンツの可能性 映像作家 藤井 大輔

映像作家 | 藤井 大輔

映像作家藤井 大輔

フリーランスの映像作家。フジロックをはじめとする国内フェスのアフタームービーを始め、ライブステージ映像の収録や配信、MV、企業PV等を手がける。

映像作家 藤井氏が語る
Xperia PROの可能性

映像作家の藤井大輔さんが、複数台のカメラを用いた本格的なライブ配信を
屋外ステージも含む会場からXperia PROの電波で配信するという画期的な取り組みに挑戦。
数々の音楽ライブ配信を手がけるプロフェッショナルが、現場で感じたこととは?

Interview Video

Interview Video

Xperia PROの電波を使って実施した
音楽ライブ配信
「Live with Xperia PRO on YouTube!」

  • Xperia PRO × VIDEOSALON LIVE WITH Xperia PRO ON YOUTUBE! MAY 12 WED 18:30 START

    開催日程:2021年5月21日
    出演:Michael Kaneko、STUTS
    制作:SMASH

  • 動画

    Xperia PROで配信したライブ配信のアーカイブ映像

  • ステージと各ブースの配置

    ステージと各ブースの配置図 ステージと各ブースの配置図

    Michael Kanekoさんのライブは屋内で、STUTSさんは屋外のテラスで実施。配信と音響はコミュニケーションが取りやすいように隣り合わせの位置に設置。照明ブースはSTUTSさんのステージ脇に配置。

  • 配信の機材配線図

    配信の機材配線図 配信の機材配線図

    ❶~❹α7S IIIからコンバーターを介してXperia PROにHDMI接続。SDI変換してスイッチャーへ入力❺フタ絵・CM再生用プレーヤー❻音響ブースからの音をミキサーで配信用に調整❼❽各ステージへの返しモニター❾配信用Xperia PRO。ライブ配信アプリでYouTubeへ❿バックアップレコーダー

1台で「外部モニター」「ライブ配信」にも対応できる高性能なスマホ

写真

1台で「外部モニター」「ライブ配信」にも対応できる高性能なスマホ

藤井さんがディレクターを務めた今回のライブ配信のコンセプトを教えてください。

大切にしたのはロケーションですね。コロナの影響もありますが、ここ1〜2年でライブ配信の数が増えて、いろんな配信の形が“当たり前”になってきました。そんな状況のなかで、映像制作者としては工夫が求められていると感じています。
僕は音楽フェスやイベントに関連した映像を撮影する機会が多いこともあって、ロケーションも演出のひとつとして考えています。Xperia PROはカメラと接続して「外部モニター」に、通信機能で映像を「ライブ配信」できると聞いて、これまで難しかった屋外のスペースでも面白い配信ができるんじゃないかと思ったんです。

まずは外部モニターとしてのXperia PROの使用感を教えてください。

4K HDR対応で10bitの入力ができる最先端のモニターでありながら、小さくて、薄くて、軽い。モニターによっては外部バッテリーが必要なタイプもあるので、本体が小さくても、ある程度重くなってしまうのですが、今回の配信はXperia PROの内蔵バッテリーのみで余裕で持ちました。あと、出演いただいた2組とも立ち位置がずっと固定されていたので、画として動きのあるカメラワークが必要だったこともあってジンバルを導入しました。
通常ジンバルに外部モニターを取り付ける場合、重くてバランスが取れなくなるため、カメラのシューアダプターに取り付けることはありません。でも、小型軽量のXperia PROならば、そのままカメラに取り付けてもバランスが取れたのは取り回しがよかったです。

撮影に使用した4台のカメラの映像と役割

  • 写真

    2台は三脚に据えてズームレンズを取り付けて撮影。広角ズーム、望遠ズームを2台で使い分け、広角から望遠まで取り付けて様々なアングルを狙った。

  • 写真

    他の2台はジンバルに取り付けてSDIケーブルで引き回し自由に動きながら出演者のアップや手元なども含めて撮影した。

Xperia PRO
Xperia PRO

好評発売中 SIMフリー

好評発売中
SIMフリー

Xperia PRO スペシャルサイトトップ